住宅ローンとファッションの共通点と違い

住宅ローンは、ある意味ファッションに似ている一面があります。どちらも丁寧さなどが求められるからです。ファッションでは、色々と細かな要素を把握しておく必要があります。色使いなどに関する色々な知識が必要になる訳です。知識が多い方々の方が、総じて見栄えが良い傾向があります。

そして住宅ローンも、その知識が求められる事が多いのです。順調に返済できるか否かに関わる知識などは、やはり大切なポイントの1つでしょう。丁寧に知識を習得していかない事には、なかなか住宅ローンの残額が減らない事も、決して珍しくはありません。

ただ住宅ローンは、ファッションとの決定的な違いも1つあるのですね。ふやす事です。住宅ローンは、たまに借りる金額を増やすケースがあります。現在では1,000万円借りれる状況でも、何かの理由があって2,000万円に増額したいと思う事もあるのです。

しかしファッションには、そのような概念は全くありません。住宅ローンとファッションは似ている一面がある半面、全く違う側面も存在する訳ですね。

 

住宅ローンの借り換えは諸費用と金利動向に注意

住宅ローン借り換えの目安

消費税の増税前に駆け込みで住宅を取得された方、また今後の増税に備えて住宅取得をお考えの方で、住宅ローンで住宅の取得をお考えの方に、一つご提案。超低金利の昨今、固定金利でローンを組むより変動金利でローンを組んだ方が見た目お得ではあります。

しかしながら、今後の経済状況を考えると必ずしも低金利が続くかどうかは、まさに神のみぞ知るです。金利が上がって苦労する前に、まずはボーナスなどでの繰り上げ返済をお勧めします。今では少ない金額でも繰り上げ返済を受け付けるローンもありますし、取得者はまず自分のローンの仕組みを今一度勉強しておきましょう。金額制限や、回数制限、手数料がかかる等、各社様々な縛りをかけていますので、これからの取得者は、業者に必ず確認をしておくことが肝要です。

それから、購入時より金利が1%以上上がり、ローン残高が1000万円以上ある場合は、住宅ローンの借り換えを検討することをお勧めします。いずれの金融機関もフラット35の取り扱いがあり、差別化が難しくなってきているのが現状ですが、面倒くさがらずに金融機関をまわって情報を収集したり、ファイナンシャルプランナー等を使って、借り換えの相談を行ってみることが大切です。

アメリカの金融緩和も出口戦略が視野に入ってきた中で、すぐ来年という話ではありませんが、金利の上昇に備えて様々な情報に耳を傾けるのも生活防衛策の一つであると考えます。

 

借り換え前後の両方の手数料が絡んできますので、一般の人が借り換えの損得を簡単に判断することが難しい状況になっています。最適な住宅ローンを調査・決断するための実践的な方法をご説明します。

住宅ローン借り換え大作戦:メリット・デメリットと実践的な進め方

住宅ローン返済の金利負担を軽減する方法として、住宅ローンの借り換えという方法があります。住宅ローンの借り換えとは、金利の低いローンを新たに組み直し、そこで借りた資金を以前の金利の高いローンの返済に充てて返済を終えてしまい、以後は新たに組んだ金利の安いローンの返済を続けていく方法です。

金利の高いときに住宅を購入した人ほど、大きなメリットがある方法です。金利負担が少なくなるので返済額も減り、月々の負担を抑えることができるだけでなく、最初にローンを組んだ時とは異なっている現在の状況をもとに新たにライフプランを立て直すことが可能です。

金利の低いときに実行しないとメリットが少なくなるので、実行するタイミングの見極めが重要なポイントです。借り換えには大きなメリットがありますが、慎重に内容を検討して実行しないとメリットが少ないだけではなく逆に負担が増えてしまうことがあるので注意が必要です。

借り換え時には住宅ローンを組む際に必要な諸費用がかかるだけでなく繰上返済にかかる手数料や抵当権の抹消登記費用など以前のローンを返済する時にも諸費用が発生します。合計すると高額になるので、これらの諸費用を計算に入れたうえでメリットがあるかどうか検討する必要があります。

住宅ローン計算(エクセル)は検討時のポイントになります。またローンの金利タイプによっては、今後の金利状況次第で結果的に返済額が増加してしまう可能性もあるので、今後の金利情勢と新たに組むローンの金利タイプを慎重に検討して計画を立案することが重要です。

 

住宅ローンの借り換えで金利がお得に?

住宅ローンを契約中の皆さん、毎月どれくらいの額を返済していますか?この質問に答えられない人はほぼいないでしょう。では、あなたが返済している住宅ローンの金利はどれくらいですか?延滞した場合の追加分金利は?繰り上げ返済はできる?などと聞くと、答えられない人も出てきます。住宅ローンを契約する場合、以上の質問に答えられるくらいしっかりと内容をチェックすることが非常に重要となってきます。

その理由は簡単です。単純に住宅ローンは30年スパンほどで支払うもの。あなたがもし今三十歳なら、六十歳になるまで毎月支払いをしなければなりません。自分が支払い続けるものですから、しっかりと内容の把握をするようにしましょう。

今回は、そんな住宅ローンの中でもちょっとした裏技をご紹介したいと思います。この裏ワザは、住宅ローンの金利を下げることができるかもしれない方法です。現在住宅ローンを組んでいる方は是非参考にされていてください。まず、簡単に内容を説明するとローンの借り換えを利用するという方法です。

メインで契約しているローンを、別会社のローンに借り換え。それにより、金利が安くなることもあります。さらに、繰り上げ返済がメインのローンにない場合は、あるところに変えることで期間短縮の後押しをしてくれるはずです。こういった条件が揃っている方がお得になります。できれば、期間短縮をして金利を下げましょう。これがあることで、返済の後押しになるはずです。

 

住宅ローンの借り換えの利点を活用

生涯で最も大きな借金になるという方も多い住宅ローンですが、借金額も大きくなり返済期間も長くなりますから、時期に合わせてより有利で支払負担がラクになるローンに借り換えていく事も重要です。住宅ローンの借り換えを行う事によって返済総額を大きく減らす事も可能であり、そんなにはメリットを得られないという意見を言う方も居ますが、メリットを得られる目安があります。

住宅ローン残高が1000万円以上ある場合や、完済までの期間が10年以上ある場合、借り換え前後で金利差が0.5%から1%以上ある場合というのは、返済がラクになる目安と言えるものです。もちろんあくまで目安の一つであり、こうした条件でなくても返済が有利になるという方もいますし、金利面だけが有利さを決定付けるものでは無いと言えます。

返済計画を練り直してみて、金利設定的にそんなには負担が減らないという意見を言う方でも、繰り上げ返済が無料で行えるタイプのものに変更する事は非常に利点が大きいですし、繰り上げ返済を手数料無料で行えると元金を大きく減らしていって節約に繋がりますし、金利設定だけが有利になるというわけではないです。

住宅ローンの借り換えを行う時の注意点としては、保証料がかからないタイプのものを選択する事も重要であり、様々な視点から有利になるタイプのローンに変更する事で負担を減らす事が出来ます。有利になるかどうか解らない場合は借り替えシミュレーションを行なったり、専門の方のアドバイスを受けると良いです。